教師は、結婚相手として人気なの?

結婚相手に求めるものを考えれば、教師が人気の理由も見えてくる?!

教師は、結婚相手として人気なの?

内閣府の調査によると

20歳~59歳の男女のうち、結婚していない人を対象に、将来結婚する意志があるか聞いたところ、39歳以下の未婚の男女では「いずれは結婚したい」が45.1%、「2~3年以内に結婚したい」が16.8%、「すぐにでも結婚したい」が14.6%となっている

引用 結婚していない人の、結婚する意志について

みたいです。

 

様々な理由で晩婚化が進むものの、結婚したいと思っている人は75%以上いる模様

 

んで、肝心の

結婚相手に、何を求めますか?

については

などを参考に、結婚相手に求める内容まとめてみると、以下のようになりました。

 

結婚相手に求めること

  1. 優しさ・思いやり
  2. 価値観
  3. 安定性・経済力

 

3つ目の安定性や経済力は特に、女性が男性に求めるものとして大きいようですね。

先の内閣府の調査にもありましたが、結婚生活を送っていく上で最も不安に思うのはこれです。

 

女性困り顔
経済的に十分な生活ができるかどうか。

ということ。

 

結婚=家族(家庭)となれば、ある程度の安定性や経済力について、あったほうが良いと感じるのは当然です。

結婚したからこそわかるけど、生活ってお金だからね。

残りの結婚に求める内容(優しさや思いやりなど)も、どれも納得できるものばかりでした。

 

とここで、気になったのが

多くの教師が、条件を満たすのでは?

と感じたので、確認していきます。

 

>>教師におすすめの出会い
関連記事

 教師には出会いが少なすぎて、困っている!と悩む教師も、多いのではないでしょうか。 攻めの姿勢じゃないと、教師に出会いは期待できません! […]

出会いが無いと嘆く教師へ

 

結婚相手に求めることを満たしやすいのは、教師?

結婚相手に求めること

結婚相手に求める

  • 優しさ・思いやり
  • 価値観
  • 安定性・経済力

のうち、まずは安定性や経済力について話していきましょう。

 

教師には、安定性や経済力はある

近年では、企業に勤めている正社員・・・であってもリストラや地方へ転勤など、その待遇にヒヤヒヤすることが増えました。

昇給も(よくて)1年に3,000円アップ程度。

ボーナスや退職金で十分な額がもらえるのは、大企業や外資系に勤めるごく一部でしょう。

 

その点、教師は安定職のイメージが強いし、実際に一般的な正社員と比べて安定していると言えます。

 

リストラはありませんし(今のとこ)、昇給も基本的に年で1万円UP。

ボーナスだって社会経済の状況に応じて増減はあるものの、必ず2回はもらえますからね。

 

安定性・経済力については、教師はクリアしているでしょう。

 

子育てを通じて、教師の優しさや思いやりを感じるかも

次に、優しさ・思いやり。

これは難しい。

なぜって、主観的要素が強いから。

 

ある人にとっては優しいと感じても、別の人にはそうじゃないかもしれない。

男性普通顔
シンクの中に洗い物溜まってたから、洗っといたよ。

と聞いて、どう感じるか? みたいな。

 

女性普通顔
ありがとう、助かる。

となるのか

 

女性普通顔
家事は二人でこなすものだし、普通だよね? わざわざ言うって恩着せがましくない?

と感じるか、みたいな。

 

優しさ・思いやりについてはものさしが難しい。

しかし、優しさや思いやりが色濃く出るのはあります。

育児です。

 

男性と女性とで違ってくる部分は当然ありますが、一般的に男性の育児参加率は低くなります。

その点、教師は子ども好きの方は多いですよね。

特に、男性教師の育児参加率は、一般的な男性よりも高いです。

 

結婚後の子育てや育児に積極的というケースは、十分期待できるでしょう。

 

余談ですが。私の嫁曰く、「さすが教師。我慢の許容レベルが全然違う」と言っています。

言うことを聞かない生徒たち何十人を、毎日相手していますからね。

愛する我が子のわがままなんて、あってないようなものですよ。

 

どちらか一方が子育てなどに無関心であると、一人に対しての負担が大きくなり大変です。

そのため、できれば夫婦共に協力しあって子育てをする必要がでてきます。

教師ならば、仕事上の経験からしっかりとした子育てができたり、積極的に育児に参加する可能性は高いです。

 

教師の優しさや思いやりは、育児の関わり方で真価を発揮するでしょう。

 

価値観は千差万別、事前に確認

恋人関係や夫婦仲が続かない理由の一つに、価値観の不一致があります。

 

教育者という立場であるため

  • 一般教養
  • マナー
  • 子どもに対しての接し方

などは、それなりにあると思います。

 

ビジネスの観点から言うと、大きくズレていることもあるけどね。

 

頭でっかち・・・・・になりやすい教師は、常に自分が正しいと思ったり、理詰めで問い詰めたりすることがあります。

 

パートナーとして最も重要なポイントは、相手とのフィーリングです。

職業や年収などももちろん大切なポイントですが、会話が楽しめたり、喜怒哀楽の温度が同じであるような相手だと長続きします。

これらを平たく言えば、価値観と言うのでしょう。

 

この価値観は、結婚してからガラリと変わることがあります。

しかし、結婚前からその片鱗を示していることは多いです。

 

結婚する前に

男性普通顔
ん? なんか変じゃないか?

と感じた違和感は、おそらく正しい。

のちの爆弾です。

いつ爆発してもおかしくない。

 

教師と言えど価値観は千差万別なので、できれば事前に確認しておきたいですね。

 

価値観については、教師だから良い(悪い)ってのは無いです。

 

結論|教師は、結婚に求められる内容をほぼ満たすから、人気だ。

結婚相手に求めること

教師になっている人の多くは、結婚に求められている内容のうち

  • 優しさ・思いやり
  • 安定性・経済力

これらについては、十分満たしていると言えるでしょう。

 

価値観ばかりは千差万別なので、「教師だからこう!」みたいに言えないです。

価値観が合うかどうかは、事前に確かめないとわからないですね。

じっくりデートや会話を通して、確かめていきたいものです。

 

結婚をするならば、本人同士の意思というのが重要です。

しかし、お互いの両親の考えや思いなども、ないがしろにはできません。

恋愛関係じゃなく、結婚だからね。古い日本の考え方だけど。

 

それなり・・・・に認められている職業、教師。

少なくとも世間的には、安定性や学歴なんかは高いと感じている。

相手のご両親(義理親)からも、納得してくれる職業と言えるでしょう。

 

このように、教師との結婚は、多くのメリットがあるため結婚相手として人気です。

結婚相手を探す場合に、教師を選ぶというのはアリと言えるでしょう。

あなたが教師ならば、「私は結婚相手として人気がある。」という自覚は持っていてもいいと思います。

 

女性普通顔
まずは素敵な出会いから!
男性普通顔
そろそろ結婚とかも考えなくては。

と悩んでいる教師には、こちらの記事が参考になります。

>>教師におすすめの出会い
関連記事

 教師には出会いが少なすぎて、困っている!と悩む教師も、多いのではないでしょうか。 攻めの姿勢じゃないと、教師に出会いは期待できません! […]

出会いが無いと嘆く教師へ